カードローンの活用でお金のピンチを乗り切る|お金の活用プラン

借り換えをする

貯金箱

一つだけではなく、複数の金融会社かカードローンを利用している方がいらっしゃいますが、その多くは少額金融の借入を重ねている場合があります。しかし、少額融資であるカードローンになると、ほぼ全部が上限金利になるため、借入先をまとめると高い金利がよりお得になります。例えば17%の金利だと、一つずつ返済するよりは、借り換えでまとめて返済をした方がお得になる場合があります。必ずしも金利が低くなるという確信はありませんが、複数から借入を行なう方にとって見逃せないのは言うまでもありません。

カードローンの借り換えをする場合、改めて融資会社を探しますが、その時に重視したい条件に低金利があります。せっかく借り換えても、元のカードローンの金利が変わらないとどっちみち借り換えの意味が全くありません。そのため、借り換えを希望する際は、金利を見て検討する必要があります。また、話題にもなった総量規制においても、視野に入れるべきでしょう。この総量規制は借入額の一定以上過ぎると、それ以上の融資を受けることがほぼ不可能になります。具体的にいうと、年収の約3分の1以上の借入は出来ないと思って良いでしょう。例外としては、銀行の総量規制だと対象外になる可能性も多く、3分の1のいう決まりがここで消滅します。ですから、カードローンの借り換えを検討中の方は、カードローンの申し込みを銀行にすると良いかもしれません。尚、借り換え出来る融資会社はネットで探すことが可能で、お勧めのローンが一覧で紹介されています。探す時の参考になりますので、目を通しておきましょう。