カードローンの活用でお金のピンチを乗り切る|お金の活用プラン

計画的に行なう

クレジットカード

カードローンは、資金調達に持ってこいの嬉しいサービスです。その半面、意識してほしいのがカードローンから借りたお金が第三者のものであることです。これを忘れてしまうと、後でカードローンの返済が出来なくなり、滞納する恐れがあります。延滞は百害あって一利です。その一利さえ凌げなかった方もおられるくらいなので、カードローンの返済が滞るような計画性のない借入は避ける他ないのです。しかし、すでに延滞をし、悲観的になっている方も少なくありません。お先真っ暗で、どう対処をすべきか途方に暮れる前に、カードローンの返済が滞った場合にしておきたいことは何なのかを知ることが大切です。

カードローンの返済が行き詰まった時に行ないたいのが担当者への一報です。延滞の放置は融資会社にとってご法度なので、無視をすれば返済を何度も求められることになります。出来るだけ早く解決策を見つけるためには、カードローン返済の前に担当者へ電話を入れることが重要です。これで返す前向きな姿勢が担当者の心を打ち、記録には残ってしまうものの、信頼を損ねることがなくなります。ただ、毎回カードローン返済で問題があると、いくら返す意思があっても担当者の心には不信感しか湧きません。ですから、一度や二度繰り返さないためにも、カードローン返済に関する相談は前持ってしておくべき項目になります。

カードローン返済が滞った場合、すぐに利用停止はしません。審査の時に必ず必要になる個人信用情報ですが、こちらは一回の延滞でも個人情報センターに密告されることがありません。数日間であれば、ほぼ問題無いと言って間違いないでしょう。ただし、カードローン返済が滞ると記録は鮮明に残るので審査に通りづらくなる可能性があります。そのため、延滞しないための返済計画が重要になります。